menu
自由のびのび、個性を育てる!
子どもの楽しい習い事子ども絵画教室
(岐阜・名古屋)
 
 

愛知県名古屋市千種区の
こども絵画教室
キッズアートスクール
アトリエシャンティ

愛知県名古屋市千種区のこども絵画教室|キッズアートスクール|アトリエシャンティ

 
 

2017年1月14日

褒めて伸ばす子供の個性。名古屋で人気の子ども絵画教室

 

皆さんは、普段子供を褒めるときどんな言葉を使っていますか?

子供を褒める機会はたくさんありますが、心から言葉が出てくるときと、適当に褒めてしまう時(本当はダメとわかっているんですけどね)があるのではないでしょうか?

この褒め言葉、「すごいね!」「えらいね!」「頑張ったね!」などその時々に応じてもちろん変わってくるのですが、もしかしていつもいつも同じ言葉で褒めてる…ということはありませんか?

子供の個性を引き出すために褒めることは一番効果がありますが、褒め方によっても子供の成長の幅がグンと変わってくるんです。

img_6828.jpg

褒め方一つで子供の行動が変わる

子供の個性を伸ばしたいと思う時、褒め方も個性をだして褒めると子供の行動が変わります。

名古屋で子供絵画教室をやっていて感じた事をまとめてみました。

 

①子供は具体的に褒めるとどんどん話が広がり、自分の思いを伝えることができる

名古屋の子供絵画教室に通っている子たちは、みんな自分の日常の出来事をたくさんお話してくれます。その中で「こんなことしたんだよ」「こんなことができるよ」など、見てほしい!聞いてほしい!といった思いが伝わってくるんですね。

その時に「へ~、すごいねえ}という言葉だけで返してしまうとそこから話が進まないこともあります。

でも、「へ~、それは素敵だね」「そんなことができるんだ!先生もまねしようかな」などちょっと言葉をつけたすだけで、子どもはさらに自分の気持ちやその時に感じた事を話してくれたりします。

こどもは「ちゃんと受け止めて聞いてくれたんだ」と感じるようになります。

1473563880753.jpg

②子供は具体的に褒めると安心して個性を伸ばしていける

名古屋の子ども絵画教室の中で、子どもの作品を褒めるときに一番大切にしていることが、「上手だね!」以外の言葉で褒めるということです。

「上手だね!」しか言わないと、子どもは“上手といわれるための絵”を描くようになってしまいます。

もっと具体的に「この色はきれいな色だね」「ここは工夫したね」「丁寧に塗れたね」などの言葉で表現してあげると、子供たちは“ちゃんと見てくれている”と感じます。そしてこの具体的に褒めることの一番の効果は、こどもが「これでいいんだ」と自分自身を認めてもらっていると感じて、周りと比べたり、人目を気にすることなく自由に表現することができるようになっていくことです。

自分の思いや考えを自由に表現できることが個性を伸ばすことにつながります。

img_6726.jpg

③子供は具体的に褒めるとやる気アップ!次への一歩を踏み出せる

名古屋の子ども絵画教室では、子どもが「できた!」という体験をたくさん積むことで自信を持てるようにサポートしています。

絵を描くときに自分の思った通りに絵が描けなかったり、工作で道具を使う時など、一人でできないという子がいます。

例えば、思い通りに絵を描けないといって描いた絵をくしゃくしゃにしてしまう子に「ここの感じはいいよね!こっちもこんな感じで描いてみようか」といった声掛けをすることで、その子は「全然だめじゃないんだ。こんな風に描けばいいのか」と一歩前に進むことができます。

道具をうまく使えない子には、大人が全部やってしまうと自信をなくしてしまうので、たとえ使いこなせていなくても「ここまでできたんだね。がんばったね」と褒めたうえで使い方のコツを一緒にやりながら教えていくと、“できた!”という瞬間に「自分でやる」とチャレンジし始めます。

wp-image-2028601451jpg.jpg


このように、褒めかたをワンパターンを変えて言葉を足したり表現を変えることで、こどもは自信を持ち自分の個性を発揮できるようになります。

名古屋のアトリエシャンティの子供絵画教室では、子供の自主性と個性を伸ばす取り組みを行っています。

気になる方は一度体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか?

▼▼詳しくはこちらをクリック▼▼

http://www.shanti-ok.com/kids/pg9681.html

お問い合わせはこちら

アトリエシャンティ

tel  058-778-9671

mail   shantinews8@gmail.com

 

2017年1月14日