menu
自由のびのび、個性を育てる!
子どもの楽しい習い事子ども絵画教室
(岐阜・名古屋)
 
 

愛知県名古屋市千種区の
こども絵画教室
キッズアートスクール
アトリエシャンティ

愛知県名古屋市千種区のこども絵画教室|キッズアートスクール|アトリエシャンティ

 
 

2017年3月03日

ママも安心。託児の習い事で子供が自立する、岐阜で人気の子ども絵画教室。

 

 

最近は大人になっても自立できない人が増えてきています。

本人たちは、自立していないなんて自覚はないかもしれませんが、本当の意味での「自立」というとはたしてできているのでしょうか?

「自分のことは自分でする」「毎日仕事や学校に行っている」それも自立と呼べるのかもしれません。

辞書では「自立」は「他への従属から離れて独り立ちすること。他からの支配や助力を受けずに存在すること」と書かれています。

自分のことが自分で出来るだけでは本当の意味での自立ではないような気がします。

では、本当の意味での「自立」とは何でしょうか?

 

それは、「自己実現力」、自分がやりたいことを自分で見つけ、自分の人生を自分で創造していくことだと思います。

子どもにその力をつけていくのが親の役割だと思うのです。

 

ではどうやったら子どもに「自己実現力」が身につくのでしょうか?

そのポイントをまとめました。

*子どもが「やりたい!」と言ったことはやらせてあげる。

子どもは何でも興味津々。やりたがることはたくさんあります。中には危険なこともあります。

その際、何でもかんでも危ないからと言ってやらせてあげないことは、子どもの自立を妨げてしまいます。

例えば、ママがお料理をしていると同じように包丁を使いたがる場面も出てくるでしょう。

ここで「危ないからだめ」と言ってしまっては子どもに「経験」させることができません。

子供用の包丁を用意する、包丁を使うときはママと一緒に、包丁の代わりにピーラーで皮を剥いてもらうなどなど、ちょっと工夫したりお約束を決めたりして、子どもに経験させてそれを応援してあげることが大切です。

*「簡単」という言葉で子どもに行動を起こさせる

例えば、「プロ野球選手になりたい」「歌手になりたい」「東大に行きたい」と子どもが言い出したとき、どんな言葉をかけていますか?

つい「そんなの無理」「そんなに簡単になれないよ」「大変だよ」というネガティブな言葉を言ってしまいがちです。

大人でも、自分が新しい分野に足を踏み込もうとしたときに誰かに相談したとして、その相手から「それは大変だぞ。難しいかもしれない」と言われたらどうでしょう?タダでさえ不安なのに更に心配になりますよね。せっかく前に進もうとしていた気持ちが萎えてしまいます。

子どもも同じです。「簡単だよ」といわれるとなぜだかできる気がして、まず行動を起こしてみようと思います。子どもをやる気にさせる言葉の一つですね。

 

岐阜のアトリエシャンティ子ども絵画教室で子どもが自立できる訳

岐阜のアトリエシャンティこども絵画教室は、子供の自主性を育てること、個性を伸ばすことをコンセプトにしています。

だから、2才からでもママと離れて託児式での習い事になっています。

最初はママも心配、お子さんもママと離れるのは不安…

そんなところから泣いてしまう子もいますが、約9割りのお子さんが、90分のレッスンが終わる頃にはニコニコ笑顔です😄

託児という経験は、親も子も自立することができる貴重な時間だと思います。

ママは子どもを信じて待っている、子どもはママ以外の大人やお友だちとの輪の中でたくさんの刺激を与えられる時間。毎回ママにとってはお子さんが成長していく姿に頼もしさを覚えると同時に、なんだか子育てにも自信がつくような、そんな気持ちになってくると思います。

そして、子ども絵画教室は子供たちに自由に表現したいものを表現してほしいから、何の縛りもありません。

「これ描いていい?」

「これやっていい?」

と確認してくる子もいますが、誰にも迷惑がかからないことであればなんでもあり!

子供たちのできるところは認めて応援し、できないところはコツなどを教えつつサポートして、「できた」という経験を積んでいけるようにします。

子供たちにとって、こういった自由な場所があることが楽しさの秘訣でもあり、自立への一歩になると思います。

子供たちが楽しく取り組めるのは、実はしっかりとみんながルールを守っていることもあるのです。

お片付け、物を大切にする、大きな子が小さな子の面倒を見る、お友だちと仲良くする…

それが守れているから、みんなが気持ちよく過ごせるんですね😌

 

託児式だからこそ、作品だけでなく環境も子供たちだけで作り上げようとする。それに伴い自主性も育っていきます。

そこに岐阜のアトリエシャンティの子供絵画教室の魅力が隠されています。

岐阜の瑞穂市在住 4歳 男の子のママからの体験談です

「こどもが2歳のころに通い始めました。最初は泣いていてなかなか作品を作る所まで行かなかったけれど、とにかく人見知りが改善されたらいいなと思っていました。

今では、泣いていたのも嘘のように絵画教室が大好きですし、大好きなお友だちに会えるのを楽しみに通わせていただいています。」

との声。

最初はママも不安があると思いますが、お子さんの自立する姿が見られたときは、喜びも何倍にもなりますね。

託児式の習い事で安心して通える教室をお探しのかたは、岐阜の子ども絵画教室の体験をしてみてはいかがでしょうか?♪

 

▼▼詳しくはこちらをクリック▼▼

http://www.shanti-ok.com/kids/pg9681.html

お問い合わせはこちら

アトリエシャンティ

tel   058-337-5852

mail   shantinews8@gmail.com

 

C.H

2017年3月3日