MENU
 
 
自由のびのび、個性を育てる!
子どもの楽しい習い事子ども絵画教室
(岐阜・名古屋)
 
 
    
 
 

 
 

 

子供が絵を描くことは、ひらめきやアイデアといった発想を高める右脳教育や、感受性などの心を育てる情操教育に繋がります。
絵を描くときには、人間の持つ五感(視覚・聴覚・臭覚・味覚・触覚)を使って観察したり、それをイメージしながら描きますよね。そして手や指先の細かな動きも右脳の発達を促します。
子供は絵を描くことを通して観察した世界や自分の内面を自由に表現します。絵をたくさん描く子供はそれだけ自分と向き合っており、思っていることを表現しやすい状態になるのです。絵を描くことは、言葉がおぼつかない子供にとっては、自分の思いや考えを伝える手段の一つでありコミュニケーションツールであると言えるのではないでしょうか?
ですから、子供の想像力や創造力、自主性、コミュニケーション能力を育てるには、子供自身が意欲的に絵を描ける環境を与えてあげることが大切なのです。
 

 

 

そこで気を付けたいのが、子供の絵に対して「上手い」「下手」「似てる」「似ていない」などの評価をしないという事です。
子供が自由に自分の世界を表現した絵に対して、「ここの描き方は違うよ」「ここはこうやって描かないといけないよ」と指摘することは、子供達にとっては自分の考えや頭の中にある世界を否定されたことと同じです。それが続くと子供は自分の世界を表現することに無意識のうちに恐怖を覚え、次第に絵を描くことが嫌いになってしまいます。
そして、周りの目を気にするようになり、自分の意見を素直に言えない、やりたいことを行動に移せない大人になっていくのです。
 

 
 

子供が絵を描くことにおいて「上手い」か「下手」かは重要ではありません。
大切なのは、子供が絵を描くことが「楽しい」「大好き」と思えるかどうかです。
絵画教室=絵をうまく描けるようになるための教室…そんなイメージをお持ちではないでしょうか?
アトリエシャンティの子供絵画教室では「自由に」「のびのび」「楽しく」お絵かき!をコンセプトに子供たちと関わっています。
講師は子供たちの自由な発想を大切にしながら、どんな思いで描いたのか、何を表現したかったのか、子供たちと会話をしながらイメージを膨らませるお手伝いをします。そうすると子供たちはもともと持っている創造力がどんどん広がって、一人一人の個性が輝き始めます
そして、アトリエシャンティの子供絵画教室での最大のメリットは、個人の作品の他にみんなで協力して一つの大きな作品を創るところにあります。この「みんなで創る」という経験が子供たちの協調性を育てるのです。
自由にのびのびと自分を表現できる、そんな時間を通して子供たちは自然とリラックスした気持ちになったりストレス解消にもなるのでしょう。毎回、来た時よりも清々しい笑顔で親御さんのもとへ帰っていきます。

 
 
 

アトリエシャンティでは野外研修センターにて毎月キャンプを開催しています。
夏のキャンプは子供も参加可能です。大自然に触れてアートやヨガなどが体験できます。
いつもと違う環境で様々な体験を通して子供たちの能力が開花されることでしょう。
 

 

 

アトリエシャンティの子供絵画教室は、子供たちだけでなく親御さんとのコミュニケーションも大切にしています。
講師とフランクに子育ての話しをしたり、お子さんの生き生きとした姿を見られることで、親御さんの心に余裕が生まれ、楽しく子育てしていただきたいと願っています。
絵画教室を通して、子供達が個性を伸ばし、自主性や人を思いやる心を育んでいけるようサポートしていきます。
そして、子供達が豊かなコミュニケーション能力で周りの人を幸せにできる様な大人になっていくことを願っています。
 

 
 
子供が絵を描くことは、ひらめきやアイデアといった発想を高める右脳教育や、
感受性などの心を育てる情操教育に繋がります。
絵を描くときには、人間の持つ五感(視覚・聴覚・臭覚・味覚・触覚)を使って観察したり、
それをイメージしながら描きますよね。
そして手や指先の細かな動きも右脳の発達を促します。
子供は絵を描くことを通して観察した世界や自分の内面を自由に表現します
絵をたくさん描く子供はそれだけ自分と向き合っており、
思っていることを表現しやすい状態になるのです。
絵を描くことは、言葉がおぼつかない子供にとっては、
自分の思いや考えを伝える手段の一つでありコミュニケーションツールである
と言えるのではないでしょうか?
ですから、子供の想像力や創造力、自主性、コミュニケーション能力を育てるには、
子供自身が意欲的に絵を描ける環境を与えてあげることが大切なのです。

 

 

 

そこで気を付けたいのが、子供の絵に対して「上手い」「下手」「似てる」「似ていない」などの評価をしないという事です。
子供が自由に自分の世界を表現した絵に対して、
「ここの描き方は違うよ」「ここはこうやって描かないといけないよ」と指摘することは、子供達にとっては自分の考えや頭の中にある世界を否定されたことと同じです。
それが続くと子供は自分の世界を表現することに無意識のうちに恐怖を覚え、
次第に絵を描くことが嫌いになってしまいます。
そして、周りの目を気にするようになり、自分の意見を素直に言えない、
やりたいことを行動に移せない大人になっていくのです。

 

 
 
子供が絵を描くことにおいて「上手い」か「下手」かは重要ではありません。
大切なのは、子供が絵を描くことが「楽しい」「大好き」と思えるかどうかです。
絵画教室=絵をうまく描けるようになるための教室…そんなイメージをお持ちではないでしょうか?
アトリエシャンティの子供絵画教室では「自由に」「のびのび」「楽しく」お絵かき!
をコンセプトに子供たちと関わっています。
講師は子供たちの自由な発想を大切にしながら、どんな思いで描いたのか、
何を表現したかったのか、子供たちと会話をしながらイメージを膨らませるお手伝いをします。
そうすると子供たちはもともと持っている創造力がどんどん広がって、
一人一人の個性が輝き始めます
そして、アトリエシャンティの子供絵画教室での最大のメリットは、
個人の作品の他にみんなで協力して一つの大きな作品を創るところにあります。
この「みんなで創る」という経験が子供たちの協調性を育てるのです。
自由にのびのびと自分を表現できる、そんな時間を通して子供たちは
自然とリラックスした気持ちになったりストレス解消にもなるのでしょう。
毎回、来た時よりも清々しい笑顔で親御さんのもとへ帰っていきます。
 
 
 
アトリエシャンティでは野外研修センターにて毎月キャンプを開催しています。
夏のキャンプは子供も参加可能です。大自然に触れてアートやヨガなどが体験できます。
いつもと違う環境で様々な体験を通して子供たちの能力が開花されることでしょう。

 

 

 

アトリエシャンティの子供絵画教室は、
子供たちだけでなく親御さんとのコミュニケーションも大切にしています。
講師とフランクに子育ての話しをしたり、お子さんの生き生きとした姿を見られることで、親御さんの心に余裕が生まれ、楽しく子育てしていただきたいと願っています。
絵画教室を通して、子供達が個性を伸ばし、
自主性や人を思いやる心を育んでいけるようサポートしていきます。
そして、子供達が豊かなコミュニケーション能力で
周りの人を幸せにできる様な大人になっていくことを願っています。